1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 動画の最適な長さの目安とは?

BLOG

ブログ

未分類

動画の最適な長さの目安とは?

動画によるプロモーションは、これからますます増えていくと予想されています。
その『露出先』として、SNSが効果的な場所の一つであることは間違いありません。

この記事では、

・Facebook
・Twitter
・Instagram

における動画の最適な長さについてお伝えしていきたいと思います。

最適な動画の長さはSNSと目的によって異なる

SNS用にで効果的な動画を作成するためには、SNSの種類や目的で動画の長さを決めることがポイントです。
基本的に動画広告は、30秒以内の長さが好まれる傾向があります。
もちろんそれ以上の動画広告も、効果があり場合もありますので『必ず』ではありません。

SNSという特性上長い動画は飽きやすいく見られることはないので、あまり好ましくはないということですね。

各SNSにおける動画時間の目安

それでは、各SNSにおける動画時間の目安についてお伝えしていきます。

Facebook(フェイスブック)

Facebookに投稿される動画では、約1分ほどの動画が最も獲得していることがわかっています。
いいね!やシェアをされるか?の判断として動画の長さはポイントになってきます。

他のSNSと比べ、最も長くても許容されます。
なので、もちろんターゲット属性を見極めなければいけませんが、伝えたい内容が多く1分近くになる場合はFacebookが良いでしょう。

Twitter(ツイッター)

Twitterでの最適な動画の長さは、約40秒です。
情報がスピーディーに流れていくTwitterでは、比較的短めに動画をまとめるのがポイントです。

そして動画からの動線として自社ホームページやランディングページに訪れてもらうようにすると良いですね。

Instagram(インスタグラム)

Instagramで適切な動画の長さは、この3つのSNSの中で最も短い約30秒です。
Instagramは、ユーザーのスクロール速度が比較的速いので、それと比例して短い動画が好まれる傾向があります。

ほかのSNSと比べてユーザーが早くフィードをスクロールしている傾向があるため、動画の長さは30秒程度にまとめるのが最適なのです。
そしてInstagramは、写真という視覚的で直感的なSNSです。
なので『映える』ことを意識し、動画の冒頭部分を魅力的にする必要があります。

コンテンツによっても変わる動画の最適な長さ

動画の長さは露出するSNSによって変えるだけではなく、「どのような動画なのか?」によっても最適な長さというものがあります。

ここでは動画広告を3つのカテゴリにわけ、最適な時間について説明していきます。

商品・サービス紹介動画

商品やサービスの内容を紹介する動画の長さは、45~90秒程度が目安です。
理由のひとつとして、商品やサービスに対して興味のある「ターゲット」である人にとっては、情報量が足りないと感じてしまいます。
とは言え長すぎても離脱してしまうので、もっと商品・サービスについて伝えたい場合は、動画でCTA(コール・トゥ・アクション)を入れWebサイトに誘導するなど次の行動を促しましょう。

プロモーション動画

プロモーションやサービス等の告知は、15秒程度の動画にするのが良いです。
伝えるべきところを抽出し、わかりやすく端的に伝えなければならないので、よく考えて作成しなければなりません。

そしてポイントは、商品・サービス紹介動画と同じようにもっと伝えたい場合は、CTA(コール・トゥ・アクション)を入れWebサイトに誘導するなど次の行動を促しましょう。

シリーズ動画

シリーズものの動画は、約20秒ほどが適しています。
そして、商品・サービス紹介動画やプロモーション動画と違い、商品そのものを紹介することや次のアクションを促すCTAはない方が良いとされています。

見ていて楽しいことや愛着があるような動画にすることがポイントです。

 

動画で視聴者を引きつけるポイント

全ての動画に言えることですが、視聴者を最後まで引きつけることが戦略として必要になってきます。
ここでは「どうすれば、最後まで見てもらうことが出来るのか」というポイントをお伝えしていきます。

サムネイルとテキストで興味をひく

YouTubeでも重要なことですが、まず最初にユーザーの目に入るサムネイルとテキストを工夫することがポイントです。
サムネイルは、目が行きやすい色や物を使いインパクトのある物にしましょう。
テキストは、短くターゲットが見たくなるようなキーワードを入れることがポイントです。

言わば『その動画の顔』の部分ですので力を入れるべきところです。

冒頭5秒でユーザーを引き込む

視聴者の多くは冒頭の数秒で動画を見続けるかどうかを決めてしまいます。
ターゲットにとって「これは役に立つ動画だな」「続きを見たいな」と思わせることが重要なポイントです。

ストーリー性を持たせる

人はストーリー性のあるものに興味を惹かれます。
SNSにおける拡散される動画もストーリー性のあるものが「いいね!」やシェアされやすく、拡散効果があります。

 

SNSの動画は長さだけでなく質にもこだわろう

SNSで動画マーケティングの効果を上げるためには、動画の長さは重要ですがそれに加えて動画の内容や質にももこだわる必要があります。
これらを踏まえて、成果につながる動画を作っていきましょう!

私どもでは、無料で動画に関するご相談・見積もりもさせていただいています。
こちらからどうぞ。

戦略的に動画を活用し、集客・売上アップに繋げていきましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事